塗り絵と瞑想

塗り絵と瞑想

塗り絵と瞑想

スタンダードな瞑想方法

多くの人が思うスタンダードな瞑想方法は、座った状態で目を閉じる瞑想方法でしょう。実際にそれが最も一般的な瞑想方法であり、個人で行う場合でも合宿などに参加して行う場合でも、この方法で瞑想は行われます。

 

瞑想は雑念を消す必要があります。目を開いていると光の刺激が目から入り、雑念が生まれやすくなってしまうため、目を閉じるのです。

 

しかし、世の中には様々な瞑想があり、とても瞑想とは思えないものが瞑想である場合もあります。

 

瞑想方法は1種類ではない

一般的な瞑想とは程遠い瞑想方法に、歩きながら行う瞑想方法があります。これは歩くという行動に注目をすることで瞑想状態に入ります。

 

また、雑念を消す必要がなく、雑念に注目をするという瞑想方法もあります。

 

さらに、日常生活における行動も瞑想になっている場合があります。例えば、食器洗いなどです。単純作業は何も考えなくても行うことができ、それを黙々と行うことで瞑想と同様の効果が得られるのです。

 

このように瞑想は形が定まっているわけではないのです。

 

塗り絵も瞑想になる

さらに瞑想は楽しみながらでも行えるのです。その一つが塗り絵です。塗り絵をする際も単純作業になるので瞑想と同様の効果が得られます。

 

塗り絵はキャラクターものでも良いですが、おすすめはマンダラ塗り絵です。マンダラとは円の中に様々な模様が描かれた図形で、マンダラ塗り絵はこの図形を塗っていくのです。書店に行けばマンダラ塗り絵は簡単に手に入りますので、簡単に始めることができます。

 

塗り方に決まりはありませんが、一人で落ち着いた環境の中で塗っていくことで、より高いリラックス効果などが期待できます。

スポンサーリンク