瞑想で自分とつながる感覚

瞑想で自分とつながる感覚

瞑想で自分とつながる感覚

本当の自分がいる場所

人間は誰しも自我をもって行動をしています。しかし、行動をしていく中で周囲の雰囲気などに合わせて行動をする必要も出てきます。それはいずれ自我と入れ替わってしまいます。つまり、無意識的に常に無理をした状態になってしまうということです。

 

しかし、自分の中には本当の自分がい続けます。その本当の自分は潜在意識の中にいて、その本当の自分とつながることで、あらゆるものが解放されるのです。

 

潜在意識に潜り込む

潜在意識の中にいる本当の自分とつながるにはどうすればよいのでしょうか。

 

それは瞑想を行えばよいのです。瞑想は簡単にリラックス効果やストレス解消効果などを得ることができます。しかし、より深く行うことで潜在意識に潜り込むことができ、心に溜まってしまった悩みなどを整理することができます。その時に、潜在意識の中の本当の自分とつながることもできます。

 

自分とつながるという感覚は、潜在意識から溢れてくる考えを受け止める感覚です。今までなかったような考えが浮かんでくるかもしれません。それが本当の自分の考えであり、それを受け止めることで、本当の自分とつながることができるのです。

 

より深い瞑想を行うには

より深い瞑想を行うことで、潜在意識の中の自分とつながることができますが、潜在意識に潜り込むほどの瞑想を行うのは簡単なことではありません。

 

瞑想はリラックス効果程度を期待するのであれば非常に簡単で、自宅でも手軽に行えます。しかし、潜在意識に潜り込むとなると、瞑想に対する慣れや、深く潜り込むためのコツなどが必要になっていきます。これらは何度も瞑想をしていかなければ手に入れることができないため、すぐに自分とつながるという期待はせずに、地道に努力をしていきましょう。

スポンサーリンク