瞑想ができているかどうかを知る方法

瞑想ができているかどうかを知る方法

瞑想ができているかどうかを知る方法

瞑想には無が必要

瞑想を行うにおいて最も大切なのは心を無にすることです。これが非常に難しいため、瞑想は難しいものと思われています。

 

心を無にするということは雑念を消すということ。人間は常にあれこれ考えて生きています。そのため、雑念を消すという作業は非常に難しいものなのです。

 

しかし、この雑念を消すという作業を乗り切れば、瞑想は成功したと言えます。

 

瞑想ができているかわからない

では、瞑想ができているかはどのように判断すればよいのでしょうか。瞑想中は雑念を消す必要があるのに、瞑想できているかを判断するとは矛盾しています。ですが、瞑想がきちんとできているかは気になるものですよね。

 

瞑想を行っている人の、瞑想ができているかの判断はこうです。「瞑想できているかがわからない時は、瞑想できていない時」。瞑想ができている場合は明確に瞑想できたと実感するのだそうです。そのため、瞑想できているのかと悩んでいるうちは瞑想できていないということなのです。

 

瞑想ができている基準

瞑想できていれば明確に分かるとはいえ、どのような感覚かは知っておきたい。そこで、瞑想ができている時の例を見てみます。

 

まず、瞑想ができている時は涙が出る場合があります。この涙は感情に関係なく出てくるものです。瞑想が終わって涙が出ていたら瞑想できていることになります。

 

また、寝ているのか起きているのかがあいまいな状態になる場合もあります。これは非常に深くまで瞑想が行えている状態です。

 

これらはほんの一例です。もちろん起きない人もいます。ですが、瞑想ができている時にはこのような状態になることがあるため、瞑想ができているのか気になるという人は参考にしてください。

スポンサーリンク