瞑想中に意識を向けた個所がピリピリする場合

瞑想中に意識を向けた個所がピリピリする場合

瞑想中に意識を向けた個所がピリピリする場合

瞑想中に起こる変化

瞑想を行っていると、身体に様々な変化が起きることがあります。揺れている感覚がしたり、ゾクゾクとした感覚がしたり、さらには涙が流れてきたりと、いろいろと起きるのです。

 

これらにはそれぞれ意味や理由があり、瞑想においてはとても重要なことです。そんな瞑想中の身体の変化に、手や足などがピリピリするという変化もあります。

身体がピリピリする

瞑想中に起きる、身体がピリピリするという現象。多くは手や足などにピリピリを感じる人が多いのですが、中には意識をした箇所がピリピリするという人もいます。

 

そして、強さも人によって違い、ピリピリと表現できるものから、ビリビリと表現される強さで感じる人もいますし、さらには静電気が走ったように、バチッという強さで感じる人もいます。

 

このように、人によって強さが違う身体がピリピリするという変化ですが、一体何を意味しているのでしょうか。

 

エネルギーが漂っている

この瞑想中のピリピリが意味するものは、身体の周りにエネルギーが漂っているということです。人は個人差がありエネルギーの感じ方も違うため、ピリピリの強さにも違いがでるのでしょう。

 

瞑想中に身体がピリピリしてくる場合、ましてや静電気のような痛みが走った場合、とても心配になると思います。しかし、このエネルギーは決して悪いものではないので、心配をする必要はないでしょう。

 

しかし、そのピリピリとした感覚が瞑想を行っていない時でも感じる場合、長期間にわたって感じる場合には、瞑想方法が間違っているといった可能性が考えられます。

 

この場合は、瞑想の専門家に指導をしてもらうなどして、きちんとした瞑想方法で瞑想を行う必要があります。

スポンサーリンク