瞑想で行うラベリングとは

瞑想で行うラベリングとは

瞑想で行うラベリングとは

ヴィッパサナー瞑想で行うラベリング

瞑想は基本的にじっと座った状態で雑念を消し、自分の心の奥深くに入り込んでいくものです。しかし、中には変わった形の瞑想があります。その一つがヴィッパサナー瞑想です。

 

ヴィッパサナー瞑想は気づきを養うための瞑想。じっと座って行う瞑想とは違い、歩きながらでも行うことができます。また瞑想中は雑念を無理に消す必要がありません。そのため、初心者でも比較的簡単な瞑想方法です。

 

そんなヴィッパサナー瞑想を行う際にはラベリングと呼ばれるものが重要になります。

 

ラベリングとは実況

ヴィッパサナー瞑想を行うにあたって重要になるラベリングとはどのようなものなのでしょうか。

 

ラベリングとは、いわば実況のことです。例えば歩きながらヴィッパサナー瞑想を行う場合、歩く中で起こる動作を一つ一つ観察し、その動作を行ったことに対して意識をします。また座った状態での瞑想でも、雑念が沸いてきたら、雑念がわいてきたことをその都度意識します。これがラベリングです。

 

ヴィッパサナー瞑想は全ての行動を意識する必要があるため、ラベリングが必要不可欠なのです。

 

うまくラベリングを行うことで気づきを養う

ラベリングはそれほど難しいものではありません。雑念がわいてくるたびに雑念が湧いてきたな、身体を動かすたびに身体を動かしたな、と意識をすればよいのです。

 

このように、一つ一つの行動を事細かに観察していくことで、気づきを養うことができます。また、自分を客観的に見ることができるようにもなるでしょう。これがヴィッパサナー瞑想の本来の効果です。

 

ヴィッパサナー瞑想の効果を最大限に発揮するためには、ラベリングをうまく行えるように意識しておきましょう。

スポンサーリンク