瞑想で逆腹式呼吸を行う場合

瞑想で逆腹式呼吸を行う場合

瞑想で逆腹式呼吸を行う場合

瞑想では腹式呼吸が行われる

瞑想を行う場合は、いかに精神を集中することができるか、雑念を消せるかが重要視されます。それらも非常に重要なことではありますが、もう一つ重要なものがあります。それが呼吸法です。

 

呼吸は脳波や代謝などにも影響を与えるものであり、瞑想と密接な関係にあるヨガにおいても呼吸法は重要視されます。

 

瞑想で行われる呼吸法は主に腹式呼吸です。腹式呼吸は息を吸う時にお腹を膨らまし、息を吐くときにお腹をへこませる、至って一般的な呼吸の仕方です。

 

しかし、瞑想中には腹式呼吸と逆の、逆腹式呼吸が行われる場合もあります。

 

逆腹式呼吸とは

逆腹式呼吸とはその名の通り腹式呼吸の逆であり、息を吸う時にお腹をへこませ、息を吐く時にお腹を膨らませるという呼吸方法です。通常の呼吸の動きとは逆になるので、少し難しく感じるかもしれません。

 

この逆腹式呼吸を行うことで、下腹部にある丹田と呼ばれる部分に自然と圧力がかかります。これによって様々な効果が期待できます。

 

逆腹式呼吸の効果

逆腹式呼吸による効果は様々なものがあります。例えば、内臓の機能を向上させる効果や老化を防ぐ効果が期待できます。

 

さらに逆腹式呼吸自体にストレスを抑える効果もあるため、瞑想と合わせて行うことで、ストレスを抑える効果をさらに強めることもできます。

 

このように呼吸法一つで瞑想の効果も強くすることができます。しかし、最初のうちは逆腹式呼吸を行うことで、瞑想に集中できなくなることもあるため、瞑想に集中するためにも腹式呼吸で瞑想を行い、慣れてきてから逆腹式呼吸を取り入れると良いでしょう。

 

瞑想中に逆腹式呼吸を行うコツは、下腹部の丹田に意識を集中させるようにして呼吸をすることです。

スポンサーリンク