瞑想を口呼吸で行うことは可能か

瞑想を口呼吸で行うことは可能か

瞑想を口呼吸で行うことは可能か

瞑想を口呼吸で行う

瞑想を行う上で大切なものの一つに呼吸があります。多くの場合は腹式呼吸が行われます。この時、口呼吸による呼吸で瞑想を行うことはできるのでしょうか。

 

一般的な生活をする上でも口呼吸は推奨されていないように、瞑想においても口呼吸は推奨されていません。口呼吸は空気中の細菌などが直接喉に侵入する恐れがあるため、可能な限り鼻呼吸をするようにと言われます。そのため、鼻呼吸が一般的な呼吸方法とされており、瞑想においても鼻呼吸が一般的とされています。

 

口呼吸での瞑想も不可能ではないでしょうが、やめておいた方が良いでしょう。

 

一部に口呼吸を取り入れる

瞑想中の呼吸において、鼻呼吸が推奨されているものの、一部では鼻呼吸と口呼吸を組み合わせる方法も有効ではないかと考えられています。鼻で息を吸い、口で息を吐くのです。これは瞑想の指導者によって考え方が違い、それぞれ違う方法で指導される場合があります。

 

もちろん、鼻から吸い鼻から吐く鼻呼吸の方が推奨されているものの、口呼吸を取り入れる方法も決して悪いものではないため、どちらが良いかは一概には言えないという状態です。

 

自分に合った方法で

瞑想中の呼吸は、全て鼻呼吸で行うべきか、口呼吸を取り入れるべきかで意見が分かれますが、どちらの呼吸法で瞑想を行っても効果が大幅に変わるということはありません。その証拠に、瞑想の専門家である指導者でも意見が分かれているのです。そのため、自分に合った方の呼吸法で瞑想を行うのが良いのではないでしょうか。

 

瞑想において大切なのは集中をすることです。慣れない呼吸法を取り入れることで集中が妨げられることは本末転倒になってしまいます。

 

自分が集中しやすい呼吸方法で呼吸をすることが瞑想をするうえで大切なことだと言えます。

スポンサーリンク