瞑想を挫折する理由

瞑想を挫折する理由

瞑想を挫折する理由

瞑想は挫折しやすい

今瞑想は宗教的なものではなくなっています。まだまだ宗教と関係があると思い、瞑想は危険だと考えている人も少なからずいますが、瞑想は身体に非常に良い効果をもたらすと知られて以降、自宅で趣味のようにして瞑想を行う人も増えましたし、瞑想を取り入れている企業も出てきました。

 

このように瞑想は一般的にも行われるようになってきましたが、一つ問題点があります。それは、瞑想は挫折しやすいということです。

 

では、なぜ瞑想は挫折しやすい。

 

集中できないことによる挫折

まず、瞑想を挫折してしまう大きな理由の一つに、集中できないというものがあります。ただ集中するだけであれば、さほど難しいものではありませんが、瞑想における集中は難しいのです。

 

瞑想中には雑念を消す必要があります。人間が雑念を消して無になるということは非常に困難なことであり、なかなかできることではありません。多くの人はここで挫折をしてしまいます。

 

しかし、瞑想には様々な方法があり、雑念を無理に消そうとしなくてもよい瞑想もあるため、そちらの瞑想を試してみることで解決するかもしれません。

 

効果が得られていないという勘違い

もう一つ挫折してしまう理由が、効果が得られていないと感じてしまうことです。前述したとおり、瞑想を行う上で雑念を消すことができないために、効果も得られていないと感じ、瞑想を止めてしまうという人がいます。しかし、それは勘違いです。

 

瞑想は雑念を消すことで潜在意識に潜り込むような効果を得ることができます。雑念を消すことができなければそのような効果は得られませんが、リラックス効果など一般的な人が期待しているような効果は得られています。

 

また、瞑想は続けていくことで、コツをつかむことができ、雑念を消すのも上達していきます。

 

どのような瞑想でも、効果は得られていると思い、続けていくことが大切です。

スポンサーリンク