瞑想中の雑音の影響

瞑想中の雑音の影響

瞑想中の雑音の影響

瞑想中の雑音

瞑想中において集中をするということは、一番と言ってもよいほど重要なものです。しかし、瞑想を行う環境によってはその集中を邪魔する存在があります。それは雑音です。特に自宅で瞑想を行うという場合、例え窓を閉め切っていたとしても、外部の音は聞こえてきます。また、室内からも電化製品の動く音などが聞こえてくるかもしれません。

 

これらの雑音にはどのように対処すればよいのでしょうか。

 

精神力が備わっていないと影響が出る

瞑想を長く続けており、精神力が鍛えられている人であれば、瞑想中に雑音が聞こえてきたとしても、その雑音に振り回されることなく集中を続けることができます。しかし、瞑想を始めたばかりの人や、瞑想をうまく行うことができない人は精神力も鍛えられていないために、雑音によって心を乱されてしまい、瞑想に集中できなくなるという影響が出てしまいます。

 

瞑想中は周囲が静かになるため、余計に雑音が際立ってしまいます。そのため、集中できずに瞑想をあきらめてしまうという結果になってしまいます。

 

雑音への対処方法

瞑想初心者が瞑想をあきらめなくて済むように雑音を対処する方法はどのようなものがあるでしょうか。

 

まず、瞑想中に瞑想用の音楽をかけるという方法があります。これだと音楽に集中することができるので、瞑想も効果的に行うことができます。

 

それでも雑音が気になるという場合にはノイズキャンセリング機能のついたイヤホンで瞑想用の音楽を聴きましょう。ノイズキャンセリングは周囲の雑音を打ち消してくれるので、雑音が全くない状態になります。

 

しかし、イヤホンをつけること自体が集中できない元になる可能性もあります。耳栓も同様です。そのイヤホンをつけ慣れるまで我慢をするか、イヤホンを使わずに音楽をかけて集中する練習をする必要があります。

スポンサーリンク