瞑想中の指の形

瞑想中の指の形

瞑想中の指の形

瞑想中の姿勢

瞑想を行う場合、多くの人は座った状態で行うと思います。そして、その時は親指と人差し指で円を作る人も多いのではないでしょうか。

 

決して瞑想を行う場合は必ずそのポーズをとらなければならないわけではありません。瞑想は集中をすることが大切なので、集中できる姿勢であれば例え寝ながらであっても瞑想はできます。

 

しかし、親指と人差し指で円を作るというポーズは、意味のないポーズというわけでもありません。

 

指の形の意味

親指と人差し指で円を作るというポーズは、様々な考え方がありますが、一つに眠ってしまうのを防ぐという意味があります。

 

瞑想は集中しなければならないため、中には途中で眠ってしまうという人もいます。親指と人差し指で円を作って瞑想を行っている場合、眠ってしまうと親指と人差し指が離れてしまいます。それによって眠りから覚めることができるのです。

 

とはいえ、この程度では目が覚めないという人も多くいると思うので、一つの方法として考えるのがよいでしょう。

 

エネルギーが集まる

親指と人差し指で円を作るというポーズのもう一つの意味は、親指と人差し指が接している部分にエネルギーを集めるという意味があります。また、指で円を作ることで経絡を通す効果があるともいわれています。

 

瞑想がうまくいくようになると、指の接している部分が温かくなっていきます。それはエネルギーが集まっていることによって温かくなっているのです。しかし、これにも個人差があり、温かさを感じない場合もあります。瞑想がうまくいっているかの一つの指標として考えましょう。

 

瞑想を行ううえで最も大切なことは、集中しやすい環境をつくることです。自分が集中できると感じる姿勢で瞑想を行い、無理な姿勢では行わないようにしましょう。

スポンサーリンク