瞑想中の唾液

瞑想中の唾液

瞑想中の唾液

瞑想をすると唾液が出る

瞑想を行うと様々な変化が出てきますが、そのうちの一つに唾液が大量に出てくるというものがあります。これは勘違いとも思われそうな変化ですが、実は瞑想と唾液が出ることは非常に深い関係があるのです。さらには、唾液が出ることで瞑想が成功しているかも判断できるのです。

 

では、瞑想と唾液にはどのような関係があるのでしょうか。

 

自律神経が活発になっている証拠

瞑想を行うことでいろいろな効果が期待できますが、最も大きな効果というとリラックス効果です。リラックス効果を求めて瞑想を始める人もいるほどです。

 

人間はリラックスをすると自律神経が整います。自律神経の働きが鈍っている人は活発にもなります。するとそれに伴って唾液の分泌も増えるのです。

 

自律神経が乱れている状態はストレスがかかっている状態です。ストレスによって唾液の分泌は減少し、それが原因で口臭が強くなることもあります。

 

つまり唾液が多くなるということはストレスが減っているということであり、自律神経にとっても非常に良い状態だと言えます。

 

また、瞑想中に唾液の分泌が多くなることで、リラックスできているんだなと判断することもできます。

 

唾液が出てきた時の対策

瞑想中に唾液が増えることは良いことではありますが、口に溜まった唾液をどうすればよいのでしょうか。

 

最も良い方法は、唾液がたくさんたまってしまう前に瞑想を切り上げるという方法です。瞑想は長時間行えばよいというものではありません。たとえ短時間でも効果を得ることはできます。また、唾液が口に溜まってくると集中できなくなっていくという弊害もあります。

 

そのため、瞑想は短時間で切り上げ、それを長期間続けていくようにしましょう。

スポンサーリンク