瞑想中に勝手に体が動くときは

瞑想中に勝手に体が動くときは

瞑想中に勝手に体が動くときは

瞑想中に身体が動いてしまう

瞑想をしている人がよく心配になることがあります。それは瞑想中に体が動いてしまうというものです。決して動かそうとしているわけではないのに動いてしまうため、なにか悪影響が出ているのではないかと心配になる人が多いのです。

 

しかし、心配に思う人が多いということは、多くの人が経験しているということです。この瞑想中に体が動いてしまうことは、決して心配する必要があるものではありません。

 

エネルギーによって動いてしまう

瞑想中に体が動いてしまうことは、瞑想によって体に集まったエネルギーが動いていることで体も動いてしまうと考えられています。体の中でエネルギーが激しく動けば、体もつられて動いてしまいます。

 

これが、瞑想中に体が動いてしまう理由です。勝手に体が動くからと心配する必要はなく、瞑想によってエネルギーが活発に動いている、と考えるようにしましょう。

 

動かなくても失敗ではない

瞑想によって集まったエネルギーが体の中を動くことで、つられて体も動いてしまうのですが、これは必ずしも起こるわけではありません。瞑想を行う度に起こる人もいれば、長年瞑想を行っていても一度も起こらない人もいます。しかし、瞑想中に体が動かなくても瞑想に失敗しているわけではありません。

 

瞑想中に起きる体の変化は個人差が出やすいため、動かない人も多くいますし、中には気づいていないだけで実は動いているという人もいます。

 

もし瞑想中に体が動いたとしても瞑想を行ううえでは自然なことなので心配する必要はありませんし、体が動かないとしても瞑想に失敗しているのではなく、動かない体質なのだと考えるようにしましょう。

 

瞑想中にいろいろと悩んでしまう方が集中できずに効果が得られなくなってしまいます。

スポンサーリンク