瞑想による吐き気

瞑想による吐き気

瞑想による吐き気

瞑想をすると吐き気に襲われる

瞑想をするとリラックス効果を得ることができるため、様々な人が瞑想を取り入れるようになりました。

 

しかし、瞑想をしていると稀にリラックスとは真逆の吐き気に襲われることがあります。吐き気を感じてしまうと、瞑想に対する恐怖心が産まれてしまうかもしれませんが、実際にはどのような理由で吐き気が起きるのでしょうか。

 

クンダリニ症候群の可能性

瞑想による吐き気の多くは、クンダリニ症候群と呼ばれる状態になっていることが考えられます。クンダリニ症候群とは瞑想中に悪い方向に行ってしまうことで、体に悪影響が出ている状態と考えればよいでしょう。つまり、良いことではないということです。

 

もちろん吐き気を感じたから取り返しがつかないというものではなく、それ以上の無理な瞑想を行うことでさらに悪い状態になる可能性があるということです。一つの指標のようなものです。

 

この状態からさらに瞑想を続けることで、魔道に落ちるといわれる状態になると言われています。

 

吐き気を感じたらすぐに瞑想を止める

瞑想中に吐き気を感じることも必然であり、決して悪いことではないと考える人もいます。もちろん瞑想に関しての考え方は人それぞれですし、それによって瞑想の方法が違うこともあります。

 

しかし、吐き気という症状が出ている以上は、すぐに瞑想を止めて、横になることをお勧めします。悪いことではない場合もあるかもしれませんが、万が一のこともあり得ます。そうなってしまっては取り返しがつきません。

 

瞑想はリラックスをするためなど、良い効果を得るために行うものです。そんな瞑想で体調を崩してしまっては本末転倒になってしまいます。

 

瞑想をするときには無理をせず、自分で危ないと感じた場合には瞑想から離れるようにしましょう。

スポンサーリンク