瞑想による偏差

瞑想による偏差

瞑想による偏差

瞑想で起きうる危険

瞑想は非常に良いものである一方、やり方によっては危険を伴う恐れもあります。もちろんやり方によるものなので、きちんとした方法で行えば瞑想の良い効果を得ることができます。また、瞑想の初心者も危険にさらされる心配はありません。最も危険なのは、瞑想に慣れてきて、本格的な瞑想を行うことができ始めたあたりです。

 

瞑想は慣れてくるとより深く行うことができるようになりますが、やり方を間違えれば悪い方向に進んでしまう可能性もあるのです。

 

偏差は精神と肉体に差が生じること

瞑想で起きる危険性の一つに偏差と呼ばれるものがあります。この偏差とは、精神と肉体に差が生じてしまうことです。

 

人間は肉体という器の中に精神が入っているともいわれます。一人一人、それぞれの精神に合った肉体が用意され、なんの不都合もなく収まっています。しかし、瞑想を行うことで精神と肉体のバランスが崩れると、心と体が連動しなくなるなどの危険が出てくるのです。

 

瞑想を行いすぎたことによる結果

瞑想は精神を集中して行うものであるため精神が鍛えられます。つまり、瞑想を行うことで精神が大きくなると考えられます。

 

肉体という箱に入った精神が瞑想によって大きくなっていった場合、最終的には肉体が精神の大きさに耐えることができなくなってしまいます。これによって体調を崩すことになってしまいます。

 

もちろんこれは瞑想の考え方の一つであり、精神が大きくなることや肉体が耐えられなくなるという物理的なことは起き得ませんが、実際に瞑想によって偏差は起き、体調を崩してします例もあります。

 

瞑想を行うことで体に不調を感じた場合には、しばらく瞑想を行わないなどの対処が必要でしょう。

スポンサーリンク