瞑想中に目はどうするのか

瞑想中に目はどうするのか

瞑想中に目はどうするのか

瞑想中は目を閉じることが多い

瞑想は個人的に自宅でも行うことができますが、その場合は正確な瞑想の方法がわからずに瞑想ができないと思ってしまう人もいます。どのような環境でどのような姿勢で瞑想をすればよいのかを知らない人は多くいます。

 

基本的に瞑想には決まりがなく、自分がリラックスできる姿勢で行うことが望ましいとされています。しかし、多くの場合、目だけは閉じるようにと言われます。ある種の決まりのようになっています。

 

なぜ、瞑想中には目を閉じることがおおいのでしょうか。

 

目を閉じる理由

瞑想中に目を閉じる理由は、瞑想に集中をしやすくするためです。

 

瞑想を行う際には雑念を消す必要があります。しかし、目を開いていると自然と目から様々な情報が流れ込んできてしまい、雑念が湧きやすくなってしまいます。そのため、目から入ってくる情報を遮断するためにも目を閉じて瞑想を行うのです。

 

しかし、瞑想は目を閉じて行うばかりではありません。

 

目を開けて瞑想をする場合もある

瞑想の中には目を開けて行う瞑想もあります。例えば、ろうそくの火を使った瞑想の場合です。

 

目の前に日を灯したろうそくを立て、その日を見つめることで瞑想を行います。ろうそくの火という一点を見つめることになるため、集中しやすくなります。

 

また、ろうそくの火は常に細かく揺れています。この細かい揺れをみることでリラックス効果を得ることもできます。ろうそくの火を使うことで、瞑想をより効果的に行うことができるということです。

 

瞑想の方法には固定的なものはなく、自分のやりたいように行うことでより効果を高めることができますし、付加効果も得ることができます。自分のイメージする瞑想にとらわれ過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク