瞑想は朝と夜どちらに行うほうがいいのか

瞑想は朝と夜どちらに行うほうがいいのか

瞑想は朝と夜どちらに行うほうがいいのか

瞑想をするのは朝と夜のどちらが良いか

これから瞑想を始めてみよう。瞑想の効果を知った人なら、このように思うのではないでしょうか。瞑想は短時間でも効果を得ることができます。しかし、その短時間の瞑想を朝に行うべきか夜に行うべきかで悩んでしまう人もいると思います。

 

瞑想を行う時間帯は、自分が行いやすい時間帯でかまいません。朝でも夜でもそれぞれに良い効果が期待できます。しかし、どちらかと言えば夜に瞑想を行う方が良いのではないかと思います。

 

朝に行う瞑想

瞑想を朝に行う場合の効果はどのようなものがあるでしょうか。

 

朝は1日の始まりであり、これから仕事に行かなければならないという状態です。このタイミングで瞑想を行うことで、仕事に対する嫌な気持ちなどを軽減することができます。そうすれば、1日の仕事もうまくこなすことができるのではないでしょうか。

 

一つデメリットを挙げるならば、朝の貴重な時間を使わなければならないということです。朝は時間に追われがちなので、なかなか瞑想に集中することができないかもしれません。

 

夜に行う瞑想

では、夜に瞑想を行う場合はどうでしょうか。

 

夜は仕事など1日の行動の疲れをすべて身体に溜め込んだ状態になります。寝るまでの間に多少は解消できるものの、全ては解消しきれないため、疲れによって寝つきが悪くなるといった状態になってしまいます。

 

しかし、夜に瞑想を行うことで、体の疲れや1日のストレスなどを解消することができ、快適に眠ることができます。

 

眠りの質が向上すれば、翌日の朝も快適になりますし、翌日に疲れを持ち越さずに済むようになります。

 

このような点から、瞑想を行うのであれば夜の方が良いのではないかと思います。

スポンサーリンク