瞑想とアルコール

瞑想とアルコール

瞑想とアルコール

アルコール依存症はストレスが原因

お酒を飲む量や頻度は人それぞれです。飲み会の時にしか飲まないという人もいれば、毎晩のように晩酌をするという人もいるでしょう。この程度であれば特に問題ありませんが、中にはアルコール依存症と呼ばれる、大量のアルコールを欲する人もいます。アルコールも程よく飲めれば良いものですが、量が過ぎると身体に悪いものです。

 

アルコール依存症の多くはストレスが原因と言われています。ストレスが多い社会ではアルコール依存症も仕方ないのかもしれませんが、やはりできる限り避けたいものです。

 

瞑想によってアルコールを絶つ

アルコール依存症を解決する方法に瞑想があります。アルコール依存症と瞑想では、関係性はなさそうに感じますが、大きく関係しているポイントがあります。それがストレスです。

 

先にも書いたように、アルコール依存症の多くはストレスが原因とされています。そして、瞑想はストレスを解消する効果があります。つまり、瞑想でストレスを解消することで、アルコール依存症を解決できるということです。

 

最初からアルコールを絶つことは難しいかもしれませんが、アルコールを摂取することを徐々に瞑想をすることに置き換えていくと、アルコールを絶つことができるかもしれません。

 

瞑想をする上での飲酒

また、瞑想をする上で飲酒をすることはよくないことでもあります。

 

アルコールを摂取すると、ほとんどの人は普段とは違う状態になります。感覚が鈍っているのです。瞑想においては感覚を研ぎ澄ませることも大切になってくるため、アルコールを摂取すると瞑想がうまくいかなくなってしまうこともあります。

 

より深い瞑想を目指す人であれば、アルコールは摂取しないように心がける必要があります。

スポンサーリンク