瞑想とレム睡眠・ノンレム睡眠

瞑想とレム睡眠・ノンレム睡眠

瞑想とレム睡眠・ノンレム睡眠

ノンレム睡眠とレム睡眠

人は睡眠を必要とします。一口に睡眠といっても、眠っている間には様々な変化が起きます。その変化の一つに、ノンレム睡眠とレム睡眠があります。これは睡眠の深さの違いを表すものです。

 

レム睡眠は眠りが浅い状態です。身体は眠っていても脳は活動しています。この間に身体の疲労を回復しているのです。

 

それに対してノンレム睡眠は眠りが深い状態。脳も活動していない状態になるため、思考やストレスなどを解消しています。

 

ノンレム睡眠中は脳内が整理される

睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠に分かれていますが、ノンレム睡眠の方が大切なのではないかと思います。

 

ノンレム睡眠は脳が活動を停止し、思考やストレスを解消する時間です。人間は様々なストレスにさらされて毎日過ごしています。そのストレスを溜め込んでいくと、身体に不調をきたしてしますのです。

 

ストレスでなかなか寝付けないという人は、睡眠によるストレス解消ができていないため、さらにストレスが溜まることになってしまい、悪循環に陥ってしまいます。睡眠は大切にしなければならないのです。

 

瞑想をするとノンレム睡眠と同じ状態になる

もしなかなか眠れないという状態の人には瞑想をおすすめします。瞑想中はノンレム睡眠と同じ状態を作り出すことができます。これによってストレスを解消することができるのです。

 

瞑想を15分行うことで睡眠2時間分と同等になると言われています。だからといって、瞑想を1時間行えば睡眠をとらなくても良いというわけではありません。瞑想と睡眠を併用することで、普段から溜まってしまったストレスを解消する手助けになります。

 

強いストレスに悩んでいるという人は、瞑想を取り入れてみることをおすすめします。

スポンサーリンク