瞑想による血行・血流の影響

瞑想による血行・血流の影響

瞑想による血行・血流の影響

瞑想で大切なのは呼吸

瞑想を行う場合、大切なポイントがいくつかあります。その一つに呼吸が挙げられます。瞑想中の呼吸は腹式呼吸が推奨されており、場合によっては逆腹式呼吸を行う場合もあります。それぞれの呼吸法によって瞑想の効果も変わってきます。

 

また、瞑想において精神を集中させることが大切ですが、集中しやすくするために呼吸に集中する方法があります。

 

このように瞑想では呼吸が大切であり、呼吸によって良い効果も期待できます。

 

呼吸によって血行が促進される

呼吸による良い効果の一つに血行を促進する効果があります。

 

人はストレスを感じると血行が悪くなります。それは呼吸が浅くなっていることも原因の一つです。つまり、呼吸に気を付けるだけで血行は促進されるのです。

 

血液は酸素や老廃物など様々なものを運んでいるので、血行を促進させることで体内がきれいになりますし、体内だけでなく美肌効果など表面にも効果が得られます。

 

女性は特に瞑想を行うことで良い効果が得られるのではないでしょうか。

 

瞑想方法によっては血行が悪くなる

瞑想によって血行が良くなりますが、瞑想方法によっては血行が悪くなる場合があります。その瞑想方法とは、座って行う瞑想です。

 

人は動くことによって筋肉を動かし、筋肉がポンプのような役割をすることで血行を維持します。しかし、座って行う瞑想は身体を動かすことがないため、血行が悪くなってしまうのです。これによって、手足に冷えを感じたり痺れを感じたりすることもあります。

 

その場合は、瞑想が合っていない可能性もあるため、別の瞑想方法を試みるなどしてみましょう。

 

自分に合った瞑想方法でリラックスをして行うことが、何よりも大切なことです。

スポンサーリンク