瞑想で罪悪感を手放す

瞑想で罪悪感を手放す

瞑想で罪悪感を手放す

罪悪感を抱えると

人は他人に対して罪悪感を抱いていることがあります。どんなに過去のことであっても、その人に悪いことをしたなという気持ちが心の中に残り続けるのです。

 

では、罪悪感を心に残し続けたままだとどうなるでしょうか。罪悪感を心に残しておくと、悪いことが引き起こされてしまいます。人間は心の持ち方次第で行動も変わってしまい、さらには、周りから受ける影響も変わってきてしまうのです。

 

罪悪感を手放すことで幸せが訪れる

つまり、罪悪感を手放してしまえば幸せになれるということです。とはいえ、罪悪感を簡単に手放すことができるのでしょうか。

 

それは瞑想を行うことで簡単にできてしまいます。瞑想は自分の心の奥深くに潜り込み、思考などを整理することができます。こうすることで頭がすっきりとし、リラックスをすることができるのです。

 

罪悪感も思考の一つです。そのため、瞑想をすることで罪悪感も整理することができ、手放してしまうことも可能なのです。

 

小さな罪悪感を整理していく

瞑想で小さな罪悪感を手放していくことで、心はどんどんと軽くなっていきます。しかし、ここで注意が必要です。それは、小さな罪悪感は手放しても大きな罪悪感は手放さないようにすることです。

 

大きな罪悪感は、きっと大きな出来事によって発生したものでしょう。その大きな罪悪感を手放してしまうと、再び同じ過ちを繰り返してしまう可能性があります。すると、また罪悪感にさいなまれる。大きな過ちは二度と犯してはいけないのです。

 

あくまでも手放すのは小さな罪悪感だけです。塵も積もれば山となるというように、いくら小さな罪悪感でも、多くを手放せば心はすっきりとします。

 

これで、人生も良い方向に向かっていくことでしょう。

スポンサーリンク