7つの習慣と瞑想の関係

7つの習慣と瞑想の関係

7つの習慣と瞑想の関係

書店でよく目にする「7つの習慣」とは

世界的なベストセラーとなった「7つの習慣」。おそらく書店に良く足を運ぶ人であれば、一度は目にしたことがあるかと思います。オリジナルのものから、分かりやすくかみ砕いた内容のものまで、実に様々な書籍が発売されています。

 

この7つの習慣とは、人生をよりよくするため、最終的に良い人生だったと思えるようにするために、日常的に行うべき習慣が7つに分けられているものです。

 

第7の習慣では精神を鍛える

7つの習慣は第1の習慣から第7の習慣に別れています。その中の一つ第7の習慣は「刃を研ぐ」となっています。肉体、精神、知性、情緒を刃に例え、普段からこれらを鍛えていくことで、切れ味が衰えることなく、第1から第6の習慣を行いやすくなるのです。

 

この第7の習慣の一つに精神と鍛えるとあります。精神を鍛えることは瞑想によって実現が可能です。

 

精神を鍛えることは第7の習慣の一部ではありますが、第1から第6の習慣すべてを支える部分でもあるため、瞑想は7つの習慣と深く関係していると言えるでしょう。

 

瞑想は長期的に行うと効果的

第7の習慣でも書かれているように、刃を研ぐということは一度行えばよいということではありません。刃物は使い続ければ切れ味が落ちます。切れ味が落ちてしまう前に定期的に研がなければなりません。

 

つまり、瞑想も同様で、一度瞑想を行えばよいということではなく、長期間にわたって定期的に行うことで効果を発揮できます。

 

また、瞑想は7つの習慣を支えているといっても過言ではありません。7つの習慣を取り入れようと考えている人は、同時に瞑想も行うことで、さらに高い効果を得ることができるでしょう。

スポンサーリンク