瞑想とプラス思考の関係

瞑想とプラス思考の関係

瞑想とプラス思考の関係

プラス思考とマイナス思考

人の感情は人それぞれです。前向きに考えることができるプラス思考の人もいれば、何事も良く考えることができないマイナス思考の人もいます。人の考え方は人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、やはりマイナス思考の人よりもプラス思考の人の方がなにかと得をします。

 

プラス思考であれば、基本的に明るい思考ができるため、性格も明るくなるでしょうし、周囲にもそのような人たちが集まりやすくなります。

 

このプラス思考とマイナス思考はコントロールすることができるのでしょうか。

 

潜在意識によって無意識に作られる

このプラス思考やマイナス思考は潜在意識によって作られます。潜在意識は自分の中の意識であり、基本的にはコントロールできません。つまり、いくらマイナス思考の人がプラス思考に転向しようとしてもなかなか難しいのです。

 

また、これらは無意識的に作られるものでもあるため、本人が気づかないうちにマイナス思考になってしまっているということもあり得ます。気づいていないと非常に厄介なもので、プラス思考になろうという気持ちも生まれないので、変わることがさらに難しくなります。

 

瞑想で潜在意識をコントロール

潜在意識はコントロールできませんが、瞑想を行うことで潜在意識に潜り込むことができればコントロールすることも可能です。

 

潜在意識に潜り込み、プラス思考を引き出すのです。そうすることで、普段からプラス思考になっていくでしょう。

 

しかし、潜在意識に潜り込むほどの瞑想は、非常に難しいものであり、瞑想の回数をこなしてコツをつかまなければなりません。瞑想を行ってもすぐに効果が得られるものではないため、瞑想を長期的に行っていく根気も必要になっていきます。

スポンサーリンク