瞑想によるワーキングメモリへの影響

瞑想によるワーキングメモリへの影響

瞑想によるワーキングメモリへの影響

瞑想でワーキングメモリが鍛えられる

瞑想では主にリラックス効果などが期待されていますが、中には学生にはうれしい効果もあります。それがワーキングメモリを鍛える効果です。

 

ワーキングメモリとは一時的に記憶される場所であり、そこを鍛えることで記憶力が上昇。成績を上げることにも役立ちます。

 

では、どのように瞑想をすればワーキングメモリを鍛えることができるのでしょうか。

 

2週間で成績が上がる

瞑想によってワーキングメモリを鍛える場合、瞑想を行う期間はなんと2週間でよいのです。しかも、その2週間で瞑想に必要となる時間は1日20分です。ほんの少しだけ瞑想を取り入れることで、成績があがるのです。

 

たった20分を2週間続けただけで成績が上がることを信じられないという人もいるかもしれません。もちろん効果には個人差がありますが、アメリカの実験でも効果があると実証されているため、瞑想をしてみても損はないのではないでしょうか。

 

コミュニケーション能力の向上にも役立つ

ワーキングメモリを鍛えることで成績は上がりますが、これは社会人には関係ない場合もあります。しかし、ワーキングメモリを鍛えることは社会人にとっても大切なことです。ワーキングメモリはコミュニケーション能力にも影響しています。社会人になると、なにかとコミュニケーション能力が問われます。つまり、瞑想をすることでコミュニケーション能力の向上も図れるのです。

 

人間はものを記憶するときだけでなく、人と会話をするときにもワーキングメモリを使っています。そのため、ワーキングメモリがうまく使えないと、コミュニケーション能力も低いということになるのです。

 

ワーキングメモリを鍛えることは、誰にとっても大切なことだということです。

スポンサーリンク