瞑想で自信を付けることは可能か

瞑想で自信を付けることは可能か

瞑想で自信を付けることは可能か

自信とは何なのか

自信とは、自らを信じると書きます。つまり、自分を強く信じることができる人は自信を持っていることになります。

 

自信は知識やスキルから生まれます。例えば仕事をしている時、お客さんから質問をされた場合に知識をしっかりと持っていれば、堂々と返答をすることができます。これは自信を持って答えています。

 

自分には知識もスキルもあり、何事にも対応することができると信じる気持ちが自信につながるのです。

 

自信を持つことができない人

技術やスキルを持っている人であっても自信がない人はいます。技術やスキルを持っていたとしても、それをうまく使えていないのではないか、自分には技術やスキルが足りていないのではないかと、自分を信じられない場合です。

 

このような人は瞑想を行うことで自信を持つことにつながるかもしれません。では、なぜ瞑想を行うことで自信を持つことができるのでしょうか。

 

瞑想によって自信を持つことができる理由

瞑想は精神を集中させて雑念を消すことで、潜在意識に潜り込むことができます。潜在意識とは自分が意識していない内側の自分。つまり、本当の自分ということです。瞑想を行うことで、本当の自分を見つめなおすことができるのです。

 

本当の自分、ありのままの自分を見つめなおすと、自分が持っている技術やスキル、自分ができることや役割なども見えてきます。すると、今まではこれではダメだと思っていた気持ちが、今の自分でも十分に力を持っているという気持ちに変わります。これで自信が持てるようになります。

 

しかし、これで十分と思い、努力を止めてしまうと成長も止まってしまいます。これで良いと思うのではなく、自信を持ったことを糧に、さらに成長するための努力をしましょう。

スポンサーリンク