瞑想は認知症の予防になるのか

瞑想は認知症の予防になるのか

瞑想は認知症の予防になるのか

高齢者の間で問題になっている認知症

今、日本では高齢化が進んでいます。日本人口の3割近くが高齢者となっています。そんな多くの高齢者の間で問題になっている病気。それが認知症です。多くの高齢者の内、15%もの人が認知症になっているのです。

 

認知症になると通常の生活が難しくなってしまうため、介護が必要になる場合もあります。高齢者の人口が増えている中、認知症になる人も増え、介護を必要とする人が増えれば、介護を行う若者も多く必要になってくるという問題が発生してしまいます。

 

そこで、認知症を防止する策として、瞑想が効果的だとされています。

 

認知症の原因

そもそも認知症とはどのような病気なのでしょうか。人は高齢になると体力をはじめとして、様々な部分が衰えていきます。それは脳も同様です。

 

脳は人が活動する上で非常に大切なものであり、脳の機能が低下したり、脳の細胞が死滅したりすると、身体の活動にも影響を受けます。これが認知症と呼ばれる状態です。

 

また、認知症には様々な種類があり、脳の血管に異常をきたすことで発生する認知症もあります。

 

なぜ瞑想が認知症に効果的なのか

瞑想が効果を発揮するのは、脳が衰えることで発生する認知症です。脳が衰える原因の一つに、長年のストレスがあります。人はストレスを感じると、脳の海馬にもストレスをかけてしまいます。長年に渡ってストレスを受けた海馬は衰えが早くなり、認知症になりやすくなるのです。

 

瞑想はストレスを軽減する効果があることで知られています。日常的にストレスを感じている人でも、瞑想を行うことでストレスを減らすことができ、海馬へのダメージも減らすことができます。

 

若いうちから瞑想を行い、ストレスを溜めないようにすることが、認知症を防ぐことにつながるのです。

スポンサーリンク