瞑想で癌の予防や改善は可能か

瞑想で癌の予防や改善は可能か

瞑想で癌の予防や改善は可能か

癌は治らない病気?

誰もが発症しうる癌。早期発見ができれば治療はできるものの、死亡率も非常に高く、早期発見するために定期的な検査が推奨されています。

 

この癌は、症状が進行してしまえば治らない病気なのでしょうか。今は医学が発達しているため、抗がん剤による治療などで治すこともできます。しかし、抗がん剤を使った治療は非常に辛いものです。

 

そこで、癌の治療にほかの手段が取り入れられ始めています。

 

瞑想は癌の代替治療として行われる

抗がん剤以外の癌の治療方法として挙げられるのが瞑想です。瞑想は癌の代替治療とされています。

 

瞑想はストレス解消の効果やリラックス効果などがあるため、多くの著名人が取り入れ、今では企業などでも取り入れられているものです。しかし、瞑想はそのような効果だけでなく、癌に対する効果もあるのです。

 

では、瞑想は癌に対してどのような効果を発揮するのでしょうか。

 

癌に対する瞑想の効果

癌は細胞が変異をして悪性の状態になることで発生します。最初は一部分であっても、細胞は血液に乗って移動することができるため、身体全体を蝕んでいき、最終的には治療が不可能になってしまうのです。

 

細胞が変異する理由は様々ありますが、免疫力が低下することでも変異する場合があります。つまり免疫力を挙げることができれば、癌の進行を食い止め、さらには治療も不可能ではないということです。

 

瞑想はストレス解消効果、リラックス効果に伴って免疫力を上昇される効果も得ることができます。瞑想を続けることで、癌を治すこともできるかもしれません。

 

しかし、瞑想で必ずしも癌が治るというわけではありません。ですが、瞑想は手軽に行うことができるため、日常生活に取り入れれば癌の克服にもつながる可能性はあります。

スポンサーリンク