瞑想とテストステロン

瞑想とテストステロン

瞑想とテストステロン

テストステロンとは

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。男性は筋肉質であったり、荒っぽい性格の人が多かったりしますが、それもテストステロンが一部関係しています。また、積極性や社会性などにも関係している場合もあります。

 

また、テストステロンは男性ホルモンではありますが、女性も少し持っています。

 

このテストステロンは年齢を重ねるごとに男女で大きく違いが出てきます。

 

テストステロンが減少すると

テストステロンは年齢を重ねると徐々に減少していきます。しかし、これは男性のみであり女性はテストステロンが減少しません。

 

テストステロンは積極性などにも関わるものなので、年をとりテストステロンが減少する男性は、だんだんと元気がなくなってきます。

 

しかし、女性は年をとるごとに女性ホルモンは減少するもののテストステロンは変わらないため、結果的にテストステロンの方が多くなり、年を取るごとに積極性が増すなど、元気になっていきます。

 

瞑想でテストステロンを増やしていつまでも元気に

男性はテストステロンが減らないようにすることで、いつまでも元気に過ごすことができるということです。

 

テストステロンを増やすには副交感神経を強くすることが大切です。副交感神経はリラックスした時などに働く神経であり、瞑想などを行うことで活発にすることができます。つまり、瞑想を行うことでテストステロンを増やせるのです。

 

瞑想は自宅でも手軽にできますし、決して時間が掛かるものでもありません。毎日少しずつ瞑想を行う時間を作ることで、高齢になっても元気に、様々なことに対して積極的に挑戦することができるようになります。より良い生活のためにも瞑想を始めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク