瞑想とレイキ

瞑想とレイキ

瞑想とレイキ

レイキとは自然のエネルギー

人にも自然にも様々なエネルギーが存在しています。気功などもエネルギーの一種です。そんなエネルギーには、レイキと呼ばれるものもあります。レイキとは自然のエネルギーであり、誰でも使うことができるものです。

 

レイキはすでに存在しているエネルギーであり、それを使うだけでよいため、誰でも使うことができるのです。しかし、レイキを使う場合には集中をする必要があります。

 

瞑想によってレイキを取り入れる

レイキを使うには集中が必要なので、必然的に集中が必要となる瞑想を行えばレイキを使えるということになります。

 

瞑想を行う際に、宇宙や自然からエネルギーを取り入れるイメージをします。すると、体の中をエネルギーが移動している感覚がつかめるはずです。これがレイキであり、体に取り入れたことになります。

 

瞑想によってレイキを取り入れた場合、体にどのような変化が起きるのでしょうか。

 

レイキを取り入れると

レイキは体の悪い部分を治す効果があります。しかしそれは使う人の意思とは関係ありません。例えば、腕を怪我したのでその怪我を治すためにレイキを使ったとします。しかし、レイキが必ずしもそこに使われるとは限らないのです。

 

レイキは使いたいと思ったところに使えるのではなく、体が必要だと感じたところに自然と働きかけてくれるのです。いわば自然治癒力を高めるような効果ともいえるでしょう。自然治癒力を高めることは人間にとって非常に大切なことです。自然治癒力がなければ、怪我も病気も治りません。

 

レイキは使いたいところに使えるものではありませんが、体に取り入れることで体を良い状態に保ってくれます。ですので、レイキを取り入れる瞑想も行ってみてください。

スポンサーリンク