瞑想と運動

瞑想と運動

瞑想と運動

瞑想の可能性

瞑想はストレス解消効果やリラックス効果が得られるものです。瞑想と聞くと宗教をイメージしてしまい敬遠する人も多くいました。しかし、瞑想の効果が知られた今では多くの人が瞑想を生活に取り入れています。

 

そんな瞑想は新たな可能性を秘めていることが分かっています。瞑想と運動を組み合わせることで、うつ病への効果も期待できるというのです。

 

うつ病への効果も期待されるMAPトレーニング

うつ病への効果が期待される、瞑想と運動を組み合わせたトレーニングをMAPトレーニングと言います。

 

このMAPトレーニングはアメリカの大学で研究されています。学生を対象にした実験では、うつ症状が減少したという結果に加え、集中力が向上したという結果も出ました。

 

現段階ではうつ症状の減少ですが、いずれはうつ症状を完治させることもできるトレーニング方法なのではないかと考えられます。

 

MAPトレーニングの方法

MAPトレーニングの方法は非常に簡単です。瞑想と有酸素運動を組み合わせるだけです。有酸素運動は軽めのランニング程度が良いでしょう。

 

最初の30分で瞑想を行います。瞑想を行う際は腹式呼吸で呼吸をし、意識は呼吸に集中します。これらの瞑想方法は一般的に行われているものと変わりないので、すでに瞑想を行っている人であれば簡単です。

 

瞑想がおわったらランニングで有酸素運動をします。ランニングも30分です。ランニングは決して無理のない程度で行うことが大切です。

 

MAPトレーニングは瞑想30分、有酸素運動30分で1セットです。アメリカの大学で行われた研究では週に2回が行われていたので、週に2回を目安に行うと良いでしょう。

 

もし、瞑想かランニングのどちらかを行っている人がいれば、ぜひどちらも行ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク