瞑想と芸術の関係

瞑想と芸術の関係

瞑想と芸術の関係

瞑想と芸術は関係が深い

普段芸術に触れることができるかどうかは人によって違います。絵画を見ることが趣味で週末には美術館に足を運ぶ人もいるかもしれませんし、絵画を買い集めている人もいるかもしれません。

 

また、芸術活動を行っている人もいるかもしれません。趣味で絵を描いている人や職業として絵を描いている人など様々です。

 

そんな芸術は、実は瞑想と関係が深いものです。

 

芸術活動を行うことで瞑想の効果を得られる

瞑想との関係が深いのは芸術活動を行う方です。

 

瞑想は精神を集中させる必要があります。しかし、その形に決まりはありません。一般的には座って目を閉じて行いますが、座っていると集中できないという人は横になった状態でも瞑想はできます。要は集中さえできればよいのです。

 

そうであれば、絵を描いている時も、絵を描くことに集中しているため瞑想と同様の効果が得られるということです。

 

芸術活動という行動を行っていても、瞑想と同様の状態を作ることは可能だということです。

 

瞑想の代わりに芸術活動を

瞑想と聞くと途端に難しく考えてしまいがちです。瞑想には決まりがあるのではないか、失敗すると危険があるのではないかと考えてしまいます。そのように考えてしまうこと自体、瞑想を行ううえでは邪魔になってしまうものなので、瞑想を行うことはさらに難しくなるでしょう。

 

そのような時は芸術に触れてみましょう。絵のうまい下手は関係ありません。特別な道具も必要ありません。とにかく絵を描くことに集中すればよいのです。また、どうしても絵が描けないという場合は塗り絵でも良いでしょう。

 

瞑想を行ってみたいけど難しそうだと感じる人は、まずは芸術活動から始めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク