瞑想と読書の共通点

瞑想と読書の共通点

瞑想と読書の共通点

瞑想と読書は似ている

瞑想と読書は似ています。共通点がいくつか存在するのです。

 

瞑想はリラックス効果など体に良い効果があることで知られていますが、なかなか瞑想を日常生活に取り入れられないという人もいるはずです。静かにじっとしているのが性格に合わないという人です。しかし、瞑想は行わなくても読書は毎日のように行っているという人はいるのではないでしょうか。

 

実は読書をしていても、瞑想と似たような効果を得られる可能性はあります。

 

瞑想と読書がもつ共通点

瞑想は精神を集中させます。そして、本当の自分である潜在意識に潜り込むことで考えなどを整理することができます。つまり、自分の世界とは別の世界に行くような感覚です。

 

では読書の場合はどうでしょうか。読書をするときも読むことに集中します。本には、小説やエッセイなど様々な種類がありますが、どんな本でもその本を書いた人がいて、その人の世界が広がっています。読書に集中するということは書き手の世界に入り込むということです。

 

瞑想と読書の共通点は、集中するということと別の世界に行くということです。

 

読書を行う時の注意

瞑想が合わない、瞑想を行えないという人は、代わりに読書を行うことをおすすめします。読書であれば、瞑想のような集中する効果も得られますし、読書によって知識を増やすこともできます。

 

しかし、読書を行う際には注意が必要です。それは、スマートフォンなどの電子書籍で読書を行う場合です。電子書籍であれば、スマートフォン一つで何冊もの本を持ち運ぶことができて非常に便利です。電子書籍での読書は決して悪いものではありません。

 

しかし、スマートフォンの本来の役割は連絡のためのツールです。読書をしていても電話がかかってきたり、メールが届いたりしてしまうことがあります。そうなると集中が途切れてしまいます。

 

読書をするときは紙の書籍が最も理想的だと言えます。

スポンサーリンク