瞑想と量子力学がたどり着いた境地

瞑想と量子力学がたどり着いた境地

瞑想と量子力学がたどり着いた境地

量子力学とは

量子力学とは量子について様々なことを研究する科学です。量子とは非常に小さな物質です。これは地球上にある物体と違い、予測不能な動きをします。例えば、ボールを高い所から落とせば下に落下していきます。ボールの重さが分かれば落ちていく速度も分かります。

 

しかし、量子で同じことをした場合、落ちていく速度は分かりませんし、ましてや落ちていくかどうかも予測できません。

 

この予測不能の量子を解明していくことが量子力学です。

 

量子力学によるシンクロニシティの考え方

量子が予測不能である部分はほかにもあります。それが量子を二つに分けた時の性質です。

 

量子を二つに分けた場合、片方の量子に情報を与えると、もう片方の量子にもその情報が渡ります。どれだけ離れていても一切の遅延なく起こるのです。それを利用して計算速度をあげたコンピュータが量子コンピュータです。

 

この考え方はシンクロニシティにも応用できます。シンクロニシティは偶然の一致と呼ばれるものです。自分が考えていたことに関連することが現実に偶然起きるというものです。偶然思い出した同級生にたまたま街で会うといったことです。

 

これは二つに分けた量子と構図が非常に似ています。

 

瞑想によって願望を叶える

瞑想を行うとシンクロニシティが起きやすくなります。シンクロニシティが起きることの何が良いのかというと、願望を叶えやすくなるのです。

 

叶えたい願望を思い描くことで、願望を叶えることができるようになります。これは引き寄せの法則とも呼ばれます。

 

量子力学と瞑想は相いれないもののように感じますが、意外にも近しい存在であり、料理力学から瞑想における効果が発見されることもあるのです。

スポンサーリンク