瞑想を習慣化するには

瞑想を習慣化するには

瞑想を習慣化するには

瞑想を初めてみたものの、なかなか続かないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。何度も挑戦してみるけど、数日で止めてしまったり・・・なんてことはないですか?

 

気が向いた時だけする瞑想にもそれなりに効果がありますがやはり出来れば続けてしたいですよね。ここでは、瞑想を習慣化する方法について掘り下げてみました。

 

まずは短時間から始めてみる

瞑想が習慣化しない理由は、瞑想をしようとしている時間が長過ぎるのかもしれません。短いと瞑想をする意味がないとは思わずに、まず慣れるまでは数分程度から始めてみましょう。寝る前や、起きた時に2、3分でも構いません。慣れてくれば、少しずつ延ばしていけばいいでしょう。

 

瞑想しやすい時間を設定する

前述で少し触れた通り、寝る前や起きたときなどは瞑想を習慣化させやすい時間ではないでしょうか。誰でも寝たり起きたりはしますから、それとセットで瞑想を組み込むと、続けやすいでしょう。

 

特に寝る前がおすすめです。たった数分寝るのが遅くなってしまったって、困るようなことはあまりないのではないでしょうか。寝るぞと思ったその瞬間に、数分だけ瞑想する時間をとってみてください。

 

寝る前や起きる前が難しいという方だったら、お風呂に入る前だとか、何かとセットするとやりやすいかもしれません。

 

忘れても気にしない

もしも1日瞑想を忘れてしまっても別にいいや、と思うことで、習慣化することに負担を感じにくくなるため、逆に日常的に続けることができます。

 

1日忘れてしまっても次の日からまたやればいいですし、どうしても出来ない日もあるでしょう。そういう日はノーカウントで気にせずに出来る時に瞑想をしましょう。

 

いつでもどこでも瞑想してみる

電車やバスの移動中、病院などでの待ち時間などに、瞑想をしてみるのはどうでしょうか。特に公共交通機関で通学通勤をされている方なら、習慣化させやすいでしょう。

 

瞑想をするのは、静かな場所が適しているとお思いでしょうが、静かな方が瞑想しやすいというだけで、別に周りは騒がしくても構わないのです。
時間設定するのが苦手だという方には、こちらをおすすめします。

スポンサーリンク