瞑想時の部屋の明るさ

瞑想時の部屋の明るさ

瞑想時の部屋の明るさ

瞑想状態にうまく自分を導くには、周囲の環境も重要です。

 

場所や周囲の雑音、服装、姿勢などの他に、部屋の明るさなんかも瞑想しやすい明るさである必要があります。

 

ここでは、瞑想に適した部屋の明るさについて掘り下げていきましょう。

 

瞑想時の部屋の明るさについて

瞑想をするとき、部屋の明るさと言えばどんなものを想像するでしょうか。明かりを全く消してしまって、真っ暗な状態だとか、薄暗い状態を想像しやすいのではないかと思います。

 

しかし、瞑想は夜しかできないわけではありません。朝でも昼でも行うこともあるでしょう。

 

そのとき、部屋は遮光カーテンでもない限り明るいですよね。

 

もちろん、暗い方が集中しやすいという方なら、お部屋を暗くして行うのがいいのですが、そんなに明るさが気にならない方は、特にこだわる必要はありません。

 

集中できるなら、本当は周囲の環境はどんなものでも関係ないのです。

 

強いて言うなら、テレビは音がありますから集中が途切れやすいので、テレビの光は消した方がいいでしょう。パソコンの光もよくありません。

 

ライトなどの光で明るいよりは、自然光の方が集中しやすいでしょう。しかし、暗い部屋だと怖いという方は、電気をつけたまま瞑想しても構いません。

 

集中し辛い方の為の部屋の明るさ

前述のとおり、基本的に部屋の明るさにこだわりすぎることはありません。

 

ですが、集中出来るかどうかは気分次第なところもありますから、気分を盛り上げるために照明に凝ってみるのもいいでしょう。

 

暗い方が集中出来るという方は、遮光カーテンを使えば外が明るいときでも瞑想がしやすいでしょう。夜は電気を消すといいです。

 

雰囲気を出したいという方は、真っ暗な部屋の中でろうそくを灯したり、小さな照明などを使ってみるのは如何でしょうか。

 

基本的に自分が集中できればいいのですから、自分が集中しやすい部屋の明るさを、色々試して探ってみてください。

スポンサーリンク