瞑想に集中できないときは

瞑想に集中できないときは

瞑想に集中できないときは

瞑想を行っていると、初心者の方だとどうしても集中できなくて悩むこともあるでしょう。

 

そういう方は、どうすればより集中出来るようになるのでしょうか。

 

ここでは、瞑想で集中出来ない方のために、集中するためのコツをいくつかご紹介します。

 

照明を落とす

真っ暗にする必要はありませんが、電気などで明るいよりは、暗い方が集中しやすい方が多いでしょう。常夜灯や間接照明などを使って、部屋の雰囲気を盛り上げてみましょう。

 

瞑想時の部屋の明るさ

 

瞑想は目をつぶるか、半目状態でやることになりますが、目をつぶっていても光は目に入ってきますから、それが集中の妨げになっている可能性があります。

 

瞑想用のBGMをかける

無音だと、同じ家やマンションに住んでいる人の生活音や、外の雑音が気になってしまって集中できないという方は、無音でやるよりも、瞑想誘導用のBGMをかけるといいでしょう。

 

そういう音源は、インターネット上にもありますし、CDも販売されています。

 

こういうBGMを聴くことに集中すれば、効果的な瞑想が行えるでしょう。

 

瞑想と音楽

 

短時間で終わらせる

どうしても集中が続かないという方は、短時間で終わらせましょう。その内慣れてきます。

 

一定の時間しなければならないという焦りが、逆に集中の邪魔になっていることも考えられます。

 

慣れてくれば、自然と長時間瞑想をしているでしょう。

 

瞑想をする時間

 

集中できなくてもいいと開き直る

恐らく一番大事なのは、これです。集中が途中で途切れてしまっても、焦ることなくまた瞑想に戻りましょう。別に集中できなくてもいいいやーって思ってしまって結構です。

 

はじめの頃は、「瞑想をする」という形を作るだけで構いません。集中が途切れる度に瞑想に戻るようにしていれば、その内集中できるようになってきます。

 

あまり気負わずにリラックスして、瞑想を行いましょう。

スポンサーリンク