瞑想による疲労回復

瞑想による疲労回復

瞑想による疲労回復

生活上のさまざまな面において、瞑想は効果を発揮しますが、疲労回復効果もあるのはご存知でしょうか。

 

ストレスが解消されるということを知っていれば、納得行くかもしれません。

 

ここでは、瞑想による疲労回復効果について掘り下げて行きましょう。

 

瞑想は誰でもできる疲労回復方法

「瞑想」というとお堅い感じがするかもしれません。怪しげだと思う方もいるかもしれませんが、意外にも瞑想は誰でも生活に取り入れることができる、疲労回復の方法なのです。

 

ここで言う疲労回復は、物理的な側面だけではなく、精神面のことも含めます。

 

瞑想をすることにより、心身の疲労がリセットされ、疲労が緩和されていくのです。

 

普段私たちの思考は止まることなく動いています。思考を止めるというのは難しいことです。楽しいことだけを考えていられるならまだしも、そういうわけではありません。

 

ネガティブな思考はストレスになってしまいます。ストレスがたまると、体の方も疲れてしまうのです。

 

こういった思考をリセットできるのが、瞑想です。瞑想中は無駄なことは考えずに、無心、もしくは呼吸だけに意識を向けるため、無駄な思考を動かせずにすみます。

 

そういう時間を1日のうち少しだけでも作ることで、心身の疲労回復へと繋がるのです。

 

疲労回復の為に瞑想を生活に取り入れる

疲労回復を狙って瞑想を取り入れる場合、瞑想法にこだわる必要はあまりありません。

 

思考をストップさせ、リラックスできればどのようにしても構わないのです。

 

一般的な瞑想はあぐらのような格好で背筋を伸ばし、腹式呼吸で行います。この腹式呼吸は自律神経を整え、リラックス効果を得るために重要ですから、腹式呼吸は必ず行って下さい。

 

座った状態で腹式呼吸が行えない方は、仰向けになりましょう。目をとじ、何も考えずに呼吸の動きに集中してください。集中し辛ければ、なにか1つの言葉を繰り返すのでもいいでしょう。その言葉は勿論、ネガティブなものは使用しないように。

 

そういった瞑想を、1日5分でも出来れば、かなり違うはずです。出来れば、10分、15分と時間を延ばしていけると、より効果的な瞑想となります。

スポンサーリンク