瞑想とリラックス

瞑想とリラックス

瞑想とリラックス

「瞑想」というと、なんだか宗教めいているような怪しい感じがしたり、難しそうだと思われる方は少なくないでしょう。

 

宗教などでも瞑想を行うため、そういったイメージがあるのかもしれませんが、本来瞑想はどなたでも行える簡単なリラックス法なのです。

 

宗教やスピリチュアル的な側面が苦手な方も、瞑想にそういう意味合いを含めなければいいのですから、大変おすすめできます。

 

ここでは、瞑想のリラックス効果について掘り下げていきましょう。

 

瞑想とリラックス

瞑想を行うと、心身共にリラックス状態になり穏やかな気持ちになれます。心拍数や呼吸が落ち着き、ストレスが現象し、血圧も正常になると色々と良いことが起きます。

 

心拍数や呼吸が落ち着いているというのは、リラックスした状態ということです。

 

日々の生活のなかで、ストレスを感じていたり、リラックスできていないと感じている方は、瞑想を生活に取り入れてみるといいでしょう。

 

「瞑想」と考えずに、ただ心身共にリラックスする時間を作るという風に考えることができれば、あまり抵抗を感じないのではないでしょうか。

 

リラックスをするための瞑想方法

リラックス効果を狙う瞑想でしたら、起床時と寝る前に1日2回行うことをおすすめします。どちらも短時間で構いません。特に朝は時間があまりないでしょうから、5分程度でもいいのです。

 

夜寝る前に瞑想を行うことは、その日1日の貯まってしまった疲れやストレス、無駄な思考をリセットすることに効果を発揮します。それは快適な睡眠にも繋がります。

 

また、朝起きたばかりの時は、1日を送る上ですっきりとした気分を作りだし、より良い1日を過ごすことに役立つのです。

 

この時に気をつけたいのは、腹式呼吸を行い、無駄なことを考えないということくらいです。姿勢なども、あまりにひどい姿勢でなく、自分が楽な姿勢であればあまりこだわることはありません。

 

それなら、どなたにとってもハードルが低いのではないでしょうか。

スポンサーリンク