瞑想と集中力

瞑想と集中力

瞑想と集中力

瞑想を行うと、生きる上でのさまざまな良い影響が得られます。

 

どんな方でも喜ばしい効果が得られますし、簡単な瞑想であれば誰でも実践できます。

 

瞑想における効果の1つに、集中力が高まるというものがあります。

 

ここでは、瞑想と集中力についてまとめてみました。

 

瞑想と集中力

瞑想をすると、集中力が高まるというのは、瞑想の効果の中でも代表的なものの1つです。

 

これは何故かと言うと、瞑想を行うことによりストレスや不安などを感じにくくなるからです。そういった無駄な思考によって、心が乱されるとなかなか集中することは困難でしょう。

 

また、瞑想状態とは何か1つのことに集中している状態、若しくは思考が止まっている状態のことです。この状態を日常に取り入れることで、1つのことに集中するという行為が容易にできるようになるのです。

 

例えポジティブな感情であっても、集中したいこと以外に関する思考は、邪念です。それがあるとどうしても集中することは難しいのですが、瞑想により集中力が高まると、集中したい時にはその他の思考をストップすることができるようになるのです。

 

また、瞑想中は腹式呼吸を行うことになりますが、腹式呼吸をすると自律神経をコントロールしやすくなります。自律神経が整うと、体のさまざまな不調が改善されるため、そういった面でもより物事に集中しやすくなると言えます。

 

集中力を高めるための瞑想

集中力を高めるための瞑想は、誰でも気軽にできるようなカジュアルなもので構いません。

 

楽な姿勢で座り、背筋を延ばし、目をとじて腹式呼吸をするだけです。意識は呼吸に集中してください。これを、寝る前と朝起きた時に10分程度行いましょう。

 

瞑想以外で気をつけるのは、基本的にマルチタスクを止めるということです。いくら瞑想を習慣化しても、マルチタスクを続けていてはなかなか集中はできません。何かをするときには1つのことに集中して取り組むように行動していれば、瞑想による集中力の高まりを感じることが出来ます。

スポンサーリンク