瞑想と想像力・創造力

瞑想と想像力・創造力

瞑想と想像力・創造力

どんな仕事に就いている方でも、想像力や創造力は重要ではないでしょうか。

 

アート系の職種の方には、特に必要なものになってくるでしょう。

 

瞑想をすることは、この想像力や創造力を養うことにも繋がります。

 

ここでは、瞑想と想像力・創造力について掘り下げて行きましょう。

 

瞑想と想像力・創造力

創造性というものは、直感や集中した思考から生み出されるものです。雑念があるよりは、クリアな思考の方が創造性が高まるというのは、想像しやすいのではないでしょうか。

 

瞑想をすると、この創造力に重要な直感力や集中力が高まります。

 

また、ストレスや不安を感じにくくなるので、瞑想をすると枠にとらわれない考え方というのがしやすくなるのです。そういう風に考えてはいけない、人にどう思われるかわからない、といったような不安要素が薄くなるためです。

 

その状態は、創造力を養うのに良い環境だとは思いませんか?

 

有名なクリエイターの方々には、変わり者が多いのです。その方々を変わり者だと思うのは、あなたが常識にとらわれた見方をしているからで、常識から解放されると、想像性・創造性が高まり、結果クリエイティブになれるということなのです。

 

想像力、創造力は必要か

クリエイティブな仕事に就いていない方なんかは、そういった能力は必要ないと思うかもしれません。ですが、本当にそうでしょうか。

 

一般的な事務職や営業をしている時にでも、想像力や創造性というものは実はよりよいパフォーマンスをするためには必要です。今やっていることを教えられた通りにやるというのは、誰でも出来ることです。

 

しかし、想像力や創造性を働かせて、それよりも一歩進んだパフォーマンスを行うことは、自分にとってもプラスになりますし、周りからの評価も得やすくなります。

 

評価をされるようになれば、仕事も楽しくなるでしょう。まずは、気軽に1日5分から瞑想を始めてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク