瞑想と悟り

瞑想と悟り

瞑想と悟り

瞑想をすると、悟りが開けると言われています。仏陀が瞑想により悟りを開いたということは、仏教に詳しくない方でもご存知の通りです。

 

では、瞑想をすると何故悟りを開くことができるのでしょうか。

 

ここでは、瞑想と悟りについて掘り下げて行きましょう。

 

悟りとはなにか

悟りとは簡単に言うと、知らなかったことを知ったり、気づいたりすることです。瞑想における悟りとは、それよりももう少し踏み込んで、物事の真理に気づいたり、理解したりすることと言えばいいでしょうか。

 

悟りという状態が何かというのは、人により解釈が違いますから難しいところですが、どういった場合でも、不安や焦りなどに振り回されないような、落ち着いた精神状態ということは共通するでしょう。それは、世界の理を知るということでもあるようですし、今この瞬間に生きるということでもあるようです。

 

いずれにせよ、悟りを開いていない段階では、それがどういうことかよく理解できないかもしれません。

 

何故瞑想により悟りが開けるのか

ここでいう「瞑想」とは、誰でも気軽にできるカジュアルなものではなく、もう少し踏み込んだ本格的なもののことです。

 

瞑想を行うことで悟りが開けるのは、まずは思考がクリアになり雑念が消えるからということが理由に挙げられます。

 

少し踏み込んで言うと、瞑想をすることで過去や未来、時間、感情、今目に見えて感じているもの全てが思考が作り出したものであり、本当に存在するのは今この瞬間だけというのを感じることができるようになるのです。全ての概念から自由になり、世界の本質が見えると言えばもう少し理解しやすいでしょうか。

 

ただ、これは本格的な瞑想を行い、悟りを開きたい方にのみに関係することですので、もう少しカジュアルに瞑想を捉えて、ストレス解消や心を穏やかにしたいという方は、それはそれで問題ありません。

スポンサーリンク