瞑想で病気を治すことはできるのか

瞑想で病気を治すことはできるのか

瞑想で病気を治すことはできるのか

瞑想をすると、健康状態にも色々と良い影響が現れます。免疫力がアップすることにより風邪を引き辛くなったり、原因不明の頭痛などのちょっとした体調不良であれば、改善していくこともあります。

 

それでは、瞑想によって他のさまざまな病気を治すことはできるのでしょうか。

 

ここでは、瞑想と病気について掘り下げて行きましょう。

 

瞑想が病気にもたらす効果

瞑想をすることで、体の調子が徐々に良くなるというのは確かなことです。そして、例えば何らかの持病を持っている場合でも、それは効果的に働きます。

 

瞑想とイメージトレーニングで癌が治ったという実例もあります。

 

風邪程度の軽症の病気であれば、治りが早くなるのは難しいことではありません。

 

病は気からといいますから、その病に対する恐れや不安がなくなることは、病気の回復力を増加させる効果があるのでしょう。

 

また、何らかの持病があるときに、それ以外の体の調子がよくなることは、持病に対する回復力にも繋がります。

 

瞑想で病気を治せるのか

瞑想で病気を治せるのかどうかについては、瞑想をすることによって治ることも有り得る。と言うまでに留めておきます。

 

何故なら、それにだけ頼って病院に行くことを止めたりすることは、大変危険なことだからです。

 

病気に打ち勝つためのパワーを増幅させるために、瞑想を行う・・・という程度の気持ちでいることをおすすめします。

 

病院での治療は必ず受けるようにしてください。その上で、瞑想を効果的に実践しましょう。

 

上記の病気については物理的な病気の話なのですが、精神的な病気だったらどうでしょうか。瞑想の効果は、物理的な病気よりも、精神的な病気の方に効果を発揮します。

 

精神を安定させる効果があるので、当然と言えば当然かもしれません。特に精神病の予防策にはうってつけですから、精神的に疲れている方は、是非瞑想を実践してみてください。

スポンサーリンク