瞑想と発達障害

瞑想と発達障害

瞑想と発達障害

発達障害という病気をご存知でしょうか。発達障害にはさまざまな症状があるので、症状を一言で言い表すことは難しいのですが、よく知られている発達障害には、注意欠陥多動性障害や、アスペルガー症候群などがあります。

 

瞑想を実勢している方々の間では、こういった症状を持つ大人の方に瞑想が効果的だと言われています。

 

ここでは、瞑想と発達障害についてご紹介しましょう。

 

瞑想が発達障害に効果的な理由

瞑想が特に効果を発揮する発達障害は、注意欠陥多動性障害でしょう。

 

注意欠陥多動性障害とは、注意力や集中力に著しく欠けているという症状があります。瞑想を行うと、集中力が高まるため、そういった症状を緩和させることができるのです。

 

瞑想と集中力

 

瞑想を行うことで、さまざまな感情や思考に惑わされること無く、目の前のことに集中をするという訓練になります。

 

そういった訓練を続けていれば、徐々に物事に集中できるようになり、発達障害の症状を自分でコントロールできるようにまでなる場合もあるでしょう。

 

大人の発達障害のための瞑想法

自分の判断で瞑想をする場合には、色々と本格的にするよりも、気軽に行うことをおすすめします。注意欠陥多動性障害の方の場合では、注意力や集中力を高めるということを主な目的として行うので、必ずしも思考を空っぽにする必要はありません。

 

あぐらで座るか、あぐらが楽ではないなら椅子やベッドの上に座り、目をつぶり、腹式呼吸をゆっくりと行います。思考は呼吸に集中させましょう。

 

最初はさまざまな思考が駆け巡ってしまってもかまいません。取り敢えず5分はその体勢で座って、瞑想の形を作るということに集中してください。

 

注意欠陥多動性障害の方は、その症状により、これだけでも最初は辛いかもしれません。ですが、取り敢えず5分は動かずにこの状態を保ちましょう。

 

慣れて来たら、時間を延ばしたり、思考を一点に集中させるということを行います。

 

思考が他のことに飛んでしまったと気づいた時には、また呼吸に意識を戻しましょう。その内、自然に呼吸に集中することができるようになります。

スポンサーリンク