瞑想と不眠症

瞑想と不眠症

瞑想と不眠症

不眠症に悩んでいる、または悩んだことがあるという方は、意外に少なくないでしょう。

 

不眠症とまではいかなくても、なかなか寝付けなかったり、短時間で目が覚めてしまったりするという方も、寝不足に苦しんでいるのではないでしょうか。

 

その症状は、瞑想によって改善することができるかもしれません。

 

ここでは、瞑想と不眠症についてまとめてみました。

 

不眠症やなかなか寝付けないという症状が起こる原理

夜なかなか寝付けなかったり、不眠症になってしまったという方は、毎日長時間働いていたり、何か心配事があったりするのではないでしょうか。
何故か、とても疲れきっているときに限ってなかなか眠れないという現象が起こります。特に、頭が疲れている時に起こりやすいのですが、これは脳がリラックス状態になかなかスイッチを切り替えることができずに、起こる現象です。

 

例え仕事をしたわけではなくても、何か心配事がありそれについて考えている時は、体はリラックス状態にはありませんから、睡眠に入るのが難しいということになるのです。

 

瞑想が不眠症にもたらす効果

瞑想をすると、心身共にリラックスモードに切り替わります。

 

あまり堅く考えずに言うと、瞑想とは座って目をつぶり、ぼーっとする状態のことです。その状態で深い腹式呼吸をします。

 

思考を止め脳を休ませれば、脳をリラックス状態にもっていくことができますし、腹式呼吸の深い呼吸は、副交感神経を刺激し、体をリラックスモードへ誘導してくれます。

 

ですから、気軽なスタイルで行う瞑想であっても、睡眠の質は格段によくなるのです。すぐに効果が出るというのは難しいかもしれませんが、不眠症も改善されていくでしょう。

 

まずは寝る前に5〜10分位から、試しに始めてみてはどうでしょうか。

 

瞑想とリラックス

スポンサーリンク