瞑想による幻覚・幻聴

瞑想による幻覚・幻聴

瞑想による幻覚・幻聴

瞑想を行うと、稀に幻覚や幻聴を体験する方がいらっしゃいます。

 

瞑想で幻覚・幻聴を体験するというと、怖くなってしまう方もいるかもしれませんが、多くの場合はそういった体験をせずにいられますから安心してください。

 

ここでは、瞑想と幻覚・幻聴について掘り下げていきましょう。

 

幻覚や幻聴を体験する瞑想

本格的な瞑想を続けていると、幻覚や幻聴を体験することがあります。

 

幻覚や幻聴が起こるメカニズムはよくわかってはいませんが、本格的な瞑想という行為は、意識を保ったまま寝ているような状態を作り出しているからかもしれません。

 

要は、この幻覚や幻聴は夢のようなものだととらえていいでしょう。

 

この幻覚や幻聴を体験すると、聞こえた声が神からの声だと思ったり、悟りを開いたと勘違いしてしまうこともあります。

 

本来の瞑想状態というものは、幻覚や幻聴が見えるというよりは、何も感じなくなるという感覚の方が近いでしょう。ですから、幻覚や幻聴が見えている場合は、悟りを開けているわけではないのです。

 

幻覚や幻聴を見ない為の瞑想方法

幻覚や幻聴が起こるだけなら、さして問題はありません。その幻覚・幻聴に反応しなければいいだけのことです。

 

ですが、それにハマってしまうと、日常生活にさまざまな影響をきたしてしまいます。

 

そもそも幻覚や幻聴を体験したくないということであれば、本格的な瞑想を行うのは止めておきましょう。気軽に行うような瞑想でも、日々の生活に効果のある瞑想の仕方というのは存在します。

 

また、やたらと長時間瞑想を行わないというのも、幻覚や幻聴の予防策になり得ます。

 

単に精神の安定や集中力の上昇を求めるだけの瞑想なら、10〜20分程度が適切な長さでしょう。

 

1日に何度も何度も瞑想を行うのもよくありません。瞑想は1日2回位までが、幻覚や幻聴を体験しないための適度な回数だと言えます。

スポンサーリンク