ヨガ 瞑想 効果

ヨガと瞑想

ヨガと瞑想

瞑想が身近でなくても、ヨガならやったことがあるという方は多いでしょう。そのヨガの中で、「瞑想」という言葉を聞いた事はないでしょうか。

 

瞑想はヨガと密接な係わりがあり、ヨガを本格的に行う上で瞑想はとても重要です。

 

ここでは、そんな瞑想とヨガについて掘り下げて行きましょう。

 

ヨガに瞑想は必要?

「メディテーションヨガ」という瞑想をテーマにしたヨガがありますが、そういったものが存在するだけあって、ヨガでは瞑想が重要視されています。

 

ヨガをやる目的が、ストレッチによる運動効果だけだったり、ちょっとしたエクササイズだと思って行う場合は、瞑想はあまり気にしなくてもいいでしょう。それは既にヨガではないかもしれませんが・・・

 

ヨガは正しく行うと心身の調子を整える効果があります。

 

この「心」というところに注目すると、瞑想の重要性が見えてくるでしょうか。

 

そもそも瞑想とヨガの起源はどうやら同じものなようで、瞑想の始まりと共にヨガも始まったと言うこともできるようです。瞑想の無いヨガはヨガではないと言ってしまっても、正式な意味の「ヨガ」であれば間違いではありません。

 

ヨガに瞑想が必要かどうかというよりは、ヨガとは瞑想の一種であると言ってしまってもいいかもしれません。

 

ヨガから始める瞑想のすすめ

瞑想をやってみようと思って、なかなかうまくいかないかたは、ヨガから始めるといいかもしれません。何故なら、ヨガのあのポーズは1つ1つに集中することで、瞑想と同じような効果が得られるからです。

 

何も考えないというのが苦手な方の場合、ヨガのようにポーズなどを取り、そのポーズに集中するというやり方の方が、瞑想状態に入りやすいかもしれません。

 

また、ヨガの最初と最後には、座禅を組んだようなポーズで瞑想をします。ですから、一般的に言う「瞑想」にも慣れやすいでしょう。瞑想がうまく行かない方は、フィットネスジムなどで行われるヨガレッスンではなく、ヨガ専門のスクールなどで、ヨガを習ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク