瞑想による頭痛やめまい

瞑想による頭痛やめまい

瞑想による頭痛やめまい

瞑想を実践している人の中には、瞑想をして頭痛を感じたことがあるという方もいるでしょう。

 

瞑想をして頭痛が起こるのは、珍しいことではありません。

 

何故瞑想をすると頭痛が起きることがあるのでしょうか。

 

ここでは、瞑想と頭痛についてまとめてみました。

 

瞑想が原因の頭痛

瞑想をして頭痛が起きる原因は、いくつか考えられるでしょう。

 

1つには慣れない腹式呼吸をするということにあります。瞑想で行う腹式呼吸は、深くゆっくりとしたものですが、これに慣れていないために、頭痛が起こったり体調が悪くなったりすることがあるのです。

 

また、瞑想中に無心になることを自分に強要しすぎ、無心になれないことにストレスを感じているという可能性もあります。

 

瞑想中に雑念が出て来るのは当たり前のことなのですが、瞑想の理想型である無心であること、若しくは一点に集中することについて執着しすぎると、そうできなかった場合に強いストレスを感じて、体に力が入ってしまったりします。

 

このストレスや体の緊張が頭痛に繋がっている可能性があるのです。

 

瞑想による頭痛を予防する

まず、深くゆっくりとした腹式呼吸を行うとき、やり辛さを感じるなら呼吸をもう少し浅くするか、始めのうちは胸式呼吸、若しくは仰向けになっての瞑想を行いましょう。

 

仰向けになれば、腹式呼吸は楽に出来るようになります。

 

そして、瞑想中に雑念がわいてきても、気にしないということも大事です。それが当たり前だと思って下さい。雑念がわくことは悪いことばかりではありません。自分の思考のクセを確認することができますし、最終的にその思考のクセを修正することさえできるのです。

 

頭痛が一瞬のものであるなら、そこまで気にすることもありません。1、2度頭痛を経験したくらいでも、その時は気にせず休みましょう。

 

問題は、毎回毎回頭痛が起こる場合です。その場合は、瞑想法を見直してみる必要があるかもしれません。あまりにひどい頭痛に悩まされている場合は、瞑想とは関係なく、別の原因かもしれませんから、病院に行ってみることもおすすめします。

スポンサーリンク