瞑想には科学的根拠があるのか

瞑想には科学的根拠があるのか

瞑想には科学的根拠があるのか

瞑想がなんとなく良さそうだと漠然と思っている方は多いでしょう。

 

良さそうなものの、科学的根拠がないと瞑想をすることでさまざまな良い影響があるとは信じられないかもしれません。瞑想をするために、瞑想の効果を信じる必要はあまりないのですが、ここでは瞑想について科学的研究結果などをご紹介しましょう。

 

瞑想が良いことは科学的にも証明されている

さまざまな研究機関が、瞑想の効果について科学的に研究を行っています。

 

その研究結果では、瞑想をすることによりストレス遺伝子が減少したり、瞑想をしていないグループに比べると、さまざまな面で集中力が高まっていたりという結果が報告されています。

 

その効果は、遺伝子レベルまでに及び、鎮静剤や抗炎症薬の役割をする部分に変化が見られたそうです。

 

また、瞑想を行うとセロトニンという脳内物質が分泌されます。セロトニンが増えると、ポジティブに物事を考えられるようになったり、なんとなく幸せだという気分になります。

 

運動をしたあとで、なんだか気分が爽快で幸せな気持ちになることはないでしょうか?これは、セロトニンは、運動をしたあとなどにも分泌されるからなのです。

 

瞑想と脳内物質

 

科学的に証明されている効果を得る瞑想

上記のように、瞑想がもたらす効果については、科学的に証明されています。上記でご紹介したような研究結果以外にも、さまざまな研究がされていますから、興味があれば調べてみましょう。

 

瞑想をなんだか信用できないという方でも、科学的に証明されていると知った今なら、ちょっと瞑想を試してみたいと思うのではないでしょうか。

 

上記のような研究結果で証明されているような、ストレスを減らし、集中力を高め、そして幸せな気持ち・ポジティブな思考になるという程度の効果を求めている場合の瞑想は、肩の力を抜いて気軽にできるようなものです。

 

まずは、5〜10分程から座って目をつぶり、ぼーっとしてみるだけでも何らかの変化を感じるでしょう。

スポンサーリンク