瞑想と脳内物質

瞑想と脳内物質

瞑想と脳内物質

瞑想を行うと、目には見えないので解り辛いかもしれませんが、脳内ではさまざまな変化が起こっています。瞑想をすることにより、特定の脳内物質が分泌され、その影響で私たちの思考のクセや、ストレスなどが変化したり解消されたりするのです。

 

ここでは、瞑想とこの脳内物質について掘り下げて行きましょう。

 

瞑想と脳内物質

瞑想を行うと、私たちの脳内では簡単に言うと生活をハッピーにするような脳内物質が分泌されます。心身をリラックスさせたり、ポジティブな考え方が出来るようになるような脳内物質です。

 

その中でも「脳内麻薬」と呼ばれるエンドルフィンは、とても広く知られています。

 

瞑想を行うとこの脳内麻薬が分泌されることにより、なんだか気持ち良い気分になります。これがもっと進むと、幻覚をみるようなレベルになることもあります。ここまでくると、初心者にはおすすめできませんから、瞑想はその段階に行く手前で止めておきましょう。

 

その他にも、瞑想によりセロトニンという幸せを感じるような脳内物質も分泌されます。セロトニンが分泌されると、ポジティブ思考になり、なんだか穏やかな気持ちでいられます。

 

脳内物質は危険ではないのか

特に脳内「麻薬」と言われるものが分泌されると聞くと、怖くなってしまう方もいるでしょう。ですが、その感覚にハマリすぎなければ、そもそも瞑想以外の方法でも分泌されるものですから、支障はありません。寧ろ分泌が少な過ぎる方が問題です。

 

楽しいと思うとエンドルフィンが分泌されます。また、高カロリーの食事でもエンドルフィンが分泌されることがわかっています。つまり、日常的に分泌されるものを瞑想で意図的に分泌させているだけなので、特に心配はいりません。

 

セロトニンについても、寧ろ分泌量が少ないと幸せを感じにくく、ポジティブに考えられなくなってしまいます。でも、いくら幸せを感じてセロトニンを分泌させようとしても、ネガティブなときには難しいですよね。

 

それを可能にするのが、瞑想という行為なのです。

スポンサーリンク