瞑想と仏教の関係

瞑想と仏教の関係

瞑想と仏教の関係

瞑想はさまざまな宗教やヨガなどで取り入れられ、また重視されています。

 

仏教も、その中のひとつです。

 

仏教の修行では瞑想を行う宗派もあります。ここでは、仏教と瞑想の関係を掘り下げていきましょう。

 

仏教で行われる瞑想

インド発祥の宗教では、瞑想を行うことが多いのですが、仏教もそのひとつです。仏教にも宗派が色々と存在していますし、仏教信仰が盛んな国も日本の他にタイやスリランカ、そして国ではありませんがチベットなどがあり、瞑想のやり方もまたそれぞれ異なります。

 

ただし、目指す場所は同じと言えるでしょう。簡単に日本語で表現すると「悟りを開くこと」を目的として行われています。

 

そしてそれは、仏教の教えに密接に関わっています。

 

この辺りは、カジュアルに瞑想を生活に取り入れたい方よりも、仏教を信仰として取り入れたい方向けの話になってしまうので、ここでは詳細は省きますが、心が穏やかであることが重要視されるのは、共通しています。

 

仏教で行われる瞑想には様々なスタイルがあり、「瞑想」と聞いて想像するような座って行う瞑想から、歩きながら行う瞑想、動きながら行う瞑想などがあります。

 

現代日本の仏教

現在の日本の仏教では、ただ仏教を信仰しているという程度で瞑想修行をすることは少ないでしょう。しかし、それを職業として行う僧侶たちは修行として瞑想を行います。

 

また、一般の方々も、座禅を体験できるような施設もあります。

 

僧侶になりたいという方であれば別ですが、日常的に仏教での瞑想を取り入れたいという場合は、そういった施設での修行が可能です。

 

瞑想をカジュアルに行う場合は、指導者がいなくても問題はないでしょう。

 

ただし、仏教の瞑想に興味があり、より瞑想に真剣に取り組みたいという場合、危険性もあるので、身近に仏教的な瞑想を行っている施設があるのであれば、そういった施設に行ってみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク