インドの瞑想

インドの瞑想

インドの瞑想

瞑想といえばインドと言ってもいいくらい、インドでは瞑想に取り組める施設が盛んです。

 

日本からでも、ヨガや瞑想を体験するためにインドに行く方々もいるくらいです。

 

そして、そういったツアーも存在しています。ツアーのものは、初心者の方でも参加しやすい内容になっていますから、瞑想に興味があるという段階の方にぴったりなのではないでしょうか。

 

ここでは、インドの瞑想について掘り下げていきましょう。

 

インドの瞑想

ヨガや仏教など、インド発祥のものでは、瞑想が重んじられています。

 

このことから、少なくとも仏教などが発祥する以前から、瞑想がインドでは盛んだったことがわかります。

 

日本でも名の知れているヴィパッサナー瞑想も、インドで最古の瞑想のひとつです。

 

こういった瞑想は、観光客でも気軽にトライできるものもありますし、もっと本格的にインドの瞑想の歴史を学ぶようなこともできますから、それぞれのニーズに合わせて瞑想に取り組みましょう。

 

インドで瞑想を行う

インドで瞑想をしたいという方々が目指す地は、おそらくリシュケシュなどでしょう。リシュケシュでは、ヨガ体験もでき、その一環に瞑想があるといった形になっています。

 

こちらは観光客向けのライトなものから、じっくりと取り組むシリアスなものまで、さまざま存在しています。

 

他にも、ヴィパッサーナ瞑想修行を10日間やるというような合宿もあります。こちらは少々ハードですからあまり初心者にはおすすめできません。

 

簡単に説明すると10日間無言で過ごし、誰とも接触をせず、必要最低限の食事をとり、そしてひたすら瞑想を行います。

 

これだけ聞いただけでも、ハードな感じはしないでしょうか。

 

この合宿は、もちろん発祥の地インドでも行うことができますが、日本でもできる施設があります。人生のうちに1度しかできないわけではありませんし、まずは気候的にも慣れている日本でヴィパッサナー瞑想を体験し、その後インドに行ってみるというのもいいでしょう。

スポンサーリンク